本田圭裕の名言から学ぶ!目標達成への3つの大切な事

Pocket

ワールドカップアジア予選でサウジアラビアに惜しくも負けてしまいましたよね。
残念な気持ちはもちろんのこと、その後に本田圭介さんがメディアを通してかなりバッシングされていました。
ファンはもちろんの事、日本国民が期待している中で結果を残せなかった事に本人も「全然ダメだった」と反省してました。
ですが、凹んでいる様子はなく、むしろ前向きに捉えているといった雰囲気を感じました。

今回はうまくいかなくても、次は必ずと前向きな発言をしていた事に対して、やはり本田圭介さんかっこいい!と心から思っています。
そんな本田圭介さんの数々の名言の中から、僕が好きな名言を取り上げたので、日々の目標や未来の為に繋がる言葉をお届けしたいと思います!

sponsored link


考える事から逃げない事

最近、身近な人にウサギとカメの
話をよくするんですよ。
日本人は足も遅いし、
身体も弱い。
そのカメがウサギに勝とうと思ったら、
進み続けないといけない。
悩んでいる同級生とかがいたら、
それをぶつけますね。
「どうやったら勝てるか考えろ。
進み続ける以外にないやろう」って。

日ごろから誰かと競い合っている方、そうじゃない方も自分の目標となる人や姿ってあると思います。
その相手に近づきたいけど、今の自分では到底太刀打ち出来なくて、心が先に負けてしまうかもしれません。

ですが、この言葉の様に「どうしたらそうなれるのか」、「どうしたら勝てるのか」を毎日毎日考えては行動する
結果的にそれしかないんですよね。

学生の頃、僕はテニス部に入っていたんですが、小柄で腕に力がなく、周りの人の様な強いショットやサーブが打てなくて悔しい思いをしました。
その時はいい講師の方と巡り合えたおかげもありますが、小柄ならではのフットワークの良さ、足の速さや機敏さ、力を使わないで身体で打つ方法など、他の面でカバーして学内でエースとして活躍することが出来ました。

考える事』これに尽きると思いますね。
答えが出ない中、考えるのって凄くストレスですし、逃げ出したくなる時のあります。
ですが、何をするにもそうですが、悩んで行動して、反省して、また悩んでと繰り返し繰り返し行う事が一番の近道である事は間違いないと僕は思います。

毎日コツコツ、毎日必ず!

一年後の成功を想像すると
日々の地味な作業に取り組むことができる。

僕たちがやりたかったり、憧れる姿って本当に煌びやかで華やかですよね。
タレントさんや、モデルさん、アーティストに俳優さんや女優さんといった、テレビで活躍される方に一度は憧れを抱いた事があると思います。

その憧れの姿って、表面的なものでしかなく、中身は本当はやりたくない仕事をコツコツ毎日こなしている事が多いです。
僕自身お笑い芸人として活動していた際に、テレビで大勢をワッと笑わせてる芸人さんに憧れて目指しました。
実際に芸人として活動してみると、思っていたキラキラした部分は一切なく、小さなお客様も少ないライブハウスを実費で借りてライブをしたりと本当に地味なお笑い生活をしいました。
お金もないのでアルバイトで働きながら、ちょっとの生活費であとはお笑いに充ててと本当に大変でした。

ですが今思うと、毎日小さな行いの積み重ねでファンの方が増えたり、知ってくれている人が増えたりしたことは間違いなかったです。
泥臭い毎日の辛い一つ一つをしっかりと全力でこなす事が、やはり大切ということですね。

今を生きる

「現実を認めたくない」自分がいて、
「現実を受け入れろ」という自分もいる。
現実を認めなければ、
今を生きることができないですから。

将来の姿を思い浮かべて日々努力しているのに何故か結果が付いてこない。
何をしていてもそういった事はあると思います。

「こんなに努力してるのに!」
「寝る間も惜しんでやってるのに!」
と一向に結果が出ない毎日を過ごすと、こんなんじゃない!と愚痴もこぼしたくなります。

ですが、一度冷静に考えてみる事が大切な様に思います。
はたして今行っている事が正しい努力なのか
今その時をしっかりと分析して、軌道修正し、トライし続けることが重要ですよね。

気づいたら何年も経っていて、気づいたら全然物事が進んでいないといった様にならない為にも、現状をしっかり把握して問題に対して対処していくことが次に繋がる、そんな気がします。

未来なんて分からないからこそ、今という現実に目を向けて、日々の行動を見つめながら一歩一歩です。

まとめ

サッカーという世界的にみても需要があり、またライバルが多い市場において、前線で活躍を続ける本田圭介選手にはいつも心を動かされますよね!
言霊』という言葉がありますが、まさに口にしている事を結果で見せてくれる姿にこれからも期待したいですし、僕たちにもっとエンターテイメントとしてのサプライズを必ず魅せてくれる、そんな気がします。
辛い時こそ、活躍している人の背中を見て、自身を奮い立たせる事もモチベーション向上に繋がると思うので、みなさんも是非大変な時こそ名言の力を借りてみてはいかがでしょうか。

sponsored link


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.