社会人経験1年の僕が退社する理由

Pocket

3連休も最終日になり、この3日間何をしたかと言うと「何もしていない」に近いかなりカオスな3日間を過ごしてしまいました。
さて、今日はタイトルにある様に僕はあと3日間で今働いている職場を退職する事が決まっています。
去年2016年9月に入社し、社会人経験もなく、右も左も分からない中で初めて社会人、いわゆるサラリーマン生活を開始しました。
そして約1年で退社を決意し、今に至ります。
今日はなぜ退社を決意したのか、そして今後どうするのかを未来の自分へ、そしてこの記事を読んで下さった方で同じような気持ちの方がいればと思い、書かせていただきます。

sponsored link


後悔をして死にたくない

現在僕は27歳なのですが、75歳まで働くと考えると残り48年です。
この48年間で自分のなりたい姿、死ぬまでにやってみたかった事、全てを叶えたいと心から思います。

大学を卒業して、友人はみんな就職活動に全力の中で、僕は吉本興業に入りお笑い芸人として活動を始めました。
結局芸人生活をリタイヤして、みんなと変わらずにサラリーマンとして働いていたのですが、心のマイナスが日々進行していました。
朝起きると「あぁ仕事か。」とマイナスからスタートし、仕事中はただただやらなければならない事を的確にこなし、そして帰宅すると疲れて眠り、また「あぁ仕事か。」
こんな毎日を1年間続けて、芸人の頃はいかに自分に正直に生きていたのかが身にしみて分かりました。

もちろん金銭的な余裕や、社会的立場の安定は社会人である事のいい面です。
ですが、僕はどうも納得が行かず、自分に嘘をついて生活している事が嫌になりました。

この1年間、仕事上で辛い事は正直ありませんでした。
何が辛かったかというと、『やりたくないことをやっている』これが一番辛かったです。

この気持ちを抱けながら生活を続けていたらきっとまた後悔する。
それが嫌で退社する事を決意しました。

人は必ず後悔します。
「あぁあの時こうしていれば」と誰しもが考えると思いますが、僕はその後悔の幅を少しでも短くする人生を歩んで生きたいです。

背中を押したい

多くの人が『』ってあると思います。
人によって大きさは違えど、こうだったらいいのにという姿があります。

ですが、どこか勇気が出ない、一歩踏み出せない人が多いです。
そんな人の為に、僕の行動を見て一歩踏み出して欲しいと考えています。

誰かが頑張っている姿を見ると、僕自身も頑張ろうと思う事が多いです。
芸人をしていた時、周りの人からの応援や、実際に仕事を辞めて大好きだった事に再度トライした人もいました。
その時に芸人をやっていて良かったと思いました。

ですが今の僕を見て、僕も私も頑張ろう!と思う人は恐らくいません。
そんな自分がどこかちっぽけで、誰かの為になりたいと思うようになりました。

なので、これからの僕の活動を通して、一人でも多くの方がチャレンジして欲しい。
まずは僕自身がチャレンジし続ける姿を見せることが重要だと思い、動き出したのが大きいです。

有名になりたい

芸人時代からの夢の一つに有名になりたいという大きな目標があります。
有名って凄く抽象的で何が正解か難しいけれど、今の僕の目標は『テレビに出て、仕事をすること』だ。

どうしたらテレビに出て、自分の憧れている人たちみたいになれるかは正直分からない。
けれど、この夢だけは中学生の時から変わらない自分の夢であることは間違いない。

今何が出来るの?と自分に問いただしても今の自分にはテレビで語れる事はない。
だから努力する。どうしたらテレビに出れるのか、真剣に真面目に努力していく。

多くの人からは諦めろとか、無理だとか、言われるかもしれない。
けれど、やってみること、チャレンジする事に意味があると思う。

だからこそ生きている時間、自分の夢の為に生きていこうと思う。
そして『やればできる』という事を伝えたい。

まとめ

小さい頃からずっと夢に対しての気持ちは人一倍大きかったです。
ですが、多くの夢は叶っていないのが事実です。
理由は簡単で『行動』が足りていないからだと思います。

なので、今日からまた一歩一歩誰かの為の自分である為に、そして自分の為の自分である為に行動していき、夢を叶える姿も見せていこうと思います。

sponsored link


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.