白くまアイスの名前の由来は?

Pocket

雨が長いこと降り続いていて、暑苦しさから少し抜けれてい嬉しい毎日です。
急なんですが、以前にも書きました通り、私はアイスが大好きでして、
特に『白くまアイス』が大好きです!
かき氷に贅沢なフルーツ盛りがどさっとついて、練乳がたっぷりかかっているあれです!

そんな白くまを今日も食べていたのですが、ふとなんでこいつ白くまって言うんだ?と・・・。
確かに見た目が白いけども、くま要素ないじゃないですか。

気になってしまって明日を迎えられそうにないので、
今日はそんな大好きな白くまの名前の由来に関して調べてみようと思います!

白くまアイスは、鹿児島県鹿児島市の氷菓です。
主にかき氷の上に加糖練乳をかけ、果物を盛り付けて、更に小豆餡を乗せたものが本来の姿だそうです。
普段私が食べているものには、小豆は乗っていなかったですが、代わりにブルーベリーが乗っていたのは小豆の代わりだということですね!

鹿児島市発祥で、喫茶店や飲食店で提供されているみたいです。
鹿児島市では、かき氷の代表として昭和前期から親しまれており、最近は多くのテレビ番組でも取り上げられて、全国的に知名度が上がったそうです。

気になる名前の由来ですが、諸説あるようで、

①1932年ごろに鹿児島市の西田本通りにあった絹屋が夏の副業として、かき氷を販売。
そこでかき氷に練乳をかけ、名前を考えていた際に練乳の缶に北極クマ(白熊)の絵が描かれており、そこからとったという説。

②1947年に鹿児島市の喫茶店「むじゃき」の創業者である久保武さんがミルクのシロップをかけたかき氷を考案し、豪華に見えるようにとみつ豆の原料だった三食寒天、サイコロ上に切った羊羹、豆、缶詰フルーツを盛り付けて評判になったとのこと。
上から見ると白くまに見えることから「白くま」と名付けたという説。

このどちらかが有力とされているみたいなのですが、真相は定かではないそうです。
どちらかというと私は②番目の方がそれっぽいなと思ったんですが、どうですかね?

ということで、結果としては『謎』ということでした。
真相が気になりますが、1932年だと当時の方にお会いするのも難しいので、実際に調べるのも無理そうですね。

そんな白くまですが、最近はそのコンビニに行っても売っていますし、各社によって見た目や味も違うので、是非みなさんも食べ比べしてみてください!
暑い夏はまだまだ続きそうなので、暑さ対策として白くま食べましょうね♪

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.