寺田逸郎の経歴や学歴がスゴイ!嫁や息子は?自宅は豪邸?

寺田逸郎 アイキャッチ
Pocket

NHKの受信料制度に関し「合憲」と判決し、
一躍注目されることになった最高裁判官の『寺田逸郎』さん!

合憲が発表されるやいなやネット上で賛否の声があがり、
ツイッターではまさにお祭り騒ぎの如く荒れていますw

今回は寺田逸郎さんの経歴や学歴の凄さや、
プライベートである嫁や子どもについてもまとめました!

実家が豪邸という噂を含めてご紹介します!


スポンサードリンク


寺田逸郎のプロフィールは?

寺田逸郎 プロフィール

<出典 http://www.news24.jp/>

名前   寺田逸郎
生年月日 1948年1月9日
出身 京都府京都市
出身校 東京大学法学部
役職   最高裁判所長官

現在の第18代最高裁判所長官を務めており、
父親も第10代最高裁判所長官を務めていました。

寺田逸郎の経歴がスゴイ!

寺田逸郎さんの経歴を見ると最高裁判所長官になった後にも
情報公開・個人情報保護審査委員会を設置するなどしています。

1974年 各地の地方裁判所
1985年 駐オランダ日本大使館一等書記官
2007年 東京高等裁判所総括判事
2010年 広島高等裁判所長官
2010年 最高裁判所判事
2014年 第18代最高裁判所長官

最高裁判所長官としての任期は2018年1月8日までとなっていることから、
今回のNHK受信料訴訟は任期を終える最後の大仕事といった感じでしょうか。

相当責任を感じたであろう裁判内容なので、
荒れるのも無理ないなといった状態ですね。

寺田逸郎の学歴がスゴイ!

中学校は難関の『大阪教育大学附属天王寺中学校』を卒業しており、
偏差値が70もある日本でも有数の進学校に通っていたようです。

卒業後、高校は『東京都立日比谷高等学校』を卒業していますが、
同じくこちらも偏差値72と東京でトップ10に入る高校です。

さすがのちに最高裁判所になるだけありますよね!

そして大学はというと『東京大学法学部』を卒業しています。

東京大学ももちろん偏差値67~72といった言うまでもなく
ハイレベルな大学ですよね。

中学生の頃から秀才で大学まで進んでいるところをみると、
やはり父親からの影響を受けていたんですかね?

寺田逸郎の嫁や息子はいる?

寺田逸郎さんに関するお嫁さんや息子さんに関する情報は
一切見つかりませんでした。

恐らく最高裁判所長官という職務において、結果によっては
危険な場合があるのでもしかするとプライベートなことは
守秘されている可能性が高そうですよね。

というのも次項の自宅の噂でそう感じました!

寺田逸郎の自宅は豪邸?

寺田逸郎さんを検索されている方が多くいるのですが、
『自宅』と検索される方が多いようです。

何だか判決に納得いかない方がつきとめようとしているのかなと
少し怖い気持ちになりましたw

ツイッターの情報なのでかなり信ぴょう性は低いのですが、
この情報が正しければ東京の駒沢公園付近に自宅があるようですね。

ご自宅を警備しているとなるとかなり厳重ですし、かなりの豪邸の可能性は
無きにしも非ずといった感じでしょうか・・・。

まとめ

NHKの受信料に関しては以前から問題視されていたので、
かなり注目が集まったのは言うまでもないですね。

それにしても最高裁判所長官となると幼少期から秀才ですし、
教育の段階で裁判所長官になるように育てられた、そんな印象を受けました。

今後法律が改正されて受信料未払いは罰せられることになってしまうのか、
今後の報道や動きからは目が話せませんね。(焦


スポンサードリンク


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.