毎朝の満員電車で座るためにやっていること

Pocket

毎朝電車に乗って通勤をしているのですが、とてもギュウギュウでつらい思いをしています。
おそらく皆さんも毎日のように経験していることかと思います。つらいですよね、特に夏は。。

そんな満員電車ですが、約1年間毎朝乗り続ける中で、少しだけ座れる回数が増えてきました。
もちろん毎日座れるわけではないですが、打率でいうところの4割は座れています!
そんな訳で私が座るためにしていることを少し紹介していこうかと思います!

2車両目か5車両目に乗る

電車によって何両編成とかはもちろん違いますが、たとえば6号編成の場合、真ん中の3車両目や4車両目はカオス的に混んでいます。
そして先頭車両である1車両目、最後尾の6車両目に関しては両サイドに階段が多いため混んでる印象があります。
ですので、私がおすすめしたいのが、2車両目と5車両目です。
私の乗る電車の癖なのかもしれませんが、この2車両は他に比べて少し動くスペースが多い様な印象を受けてます。
あくまで電車によって違いますが、確認してみたら面白いかもしれませんよ。

イスから一番近い手すりの内側付近にたつ

みなさん電車内でガラガラの時にイスのどの位置に座りますか?
おそらく半分以上の方が両サイドに座る事かと思います。
最初に両サイドに座る方が多いですし、降りていく順番も始めから乗った人の順であるケースが多いです。
そして、次に早く降りる可能性が高いのがイスの真ん中付近の方です。
ですので、両サイド付近がいっぱいの場合は真ん中に行く事をオススメします!

まとめ

あくまで持論であり、何も信ぴょう性はないのですがまとめると・・・

”2車両目のイスの両サイド内側に立つ”

です!

ちょっと試しにやってみてください。
もしかしたら、もしかしたら。。。です!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.