芳根京子のcmが可愛すぎ!難病って?高校卒業後は料理の大学へ?

Pocket

女優の『芳根京子』さんが来年2018年の月9ドラマで主演を演じることが発表されました。

芳根京子さんといえば、朝ドラの顔として「花子とアン」や「べっぴんさん」といった人気ドラマに出演し、話題となった今注目の女優さんですよね!

今回は芳根京子さんの可愛さが存分に分かるCMと過去に乗り越えた難病の話を中心にまとめてみたのでご紹介します!


スポンサードリンク


芳根京子とは?

<出典 http://www.japanmusic.jp/>

芳根京子さんは1997年2月28日生まれ、東京都出身の20歳です。

高校1年生の時に友人に誘われていった遊助さんのライブ会場でスカウトされ芸能界入りします。

2013年のドラマ『ラスト♡シンデレラ』で女優デビューを果たし、2014年にNHK連続テレビ小説『花子とアン』で朝ドラデビューします。

<出典 https://ent.smt.docomo.ne.jp/>

2016年にはNHK連続テレビ小説である『べっぴんさん』にてNHKドラマに二度目の出演を果たし、2018年に月9ドラマ『海月姫』の主演が決まっています。

CMが可愛すぎ!

芳根京子さんはこれまで6本のCMに出演しているのですが、そのどれもが可愛い!とネットを中心に話題となっています。

これらは一部であり、『Newdays』のCMには度々起用されています。

こちらは『弥生会計』の紹介動画なんですが、普段見ることがないメガネ姿がめちゃくちゃ可愛いですよね!

数多くのCMに出演する理由としては、朝ドラヒロインにふさわしいさわやかな印象がCM起用の要因ですかね!

この他にも『三ツ矢サイダー』や『代々木ゼミナール』といった有名企業のCMにも出演しているので、気になった方は是非Youtubeなどで検索してみてください!

難病ってなんの?

芳根京子さんは2012年12月からオフィシャルブログ『芳根京子のキョウコノゴロ』というブログを更新しているのですが、過去に難病だったことを話していました。

雑誌『Quick Japan』の取材でも話していたのですが、中学2年生の頃に身体に力が入らなくなる病気を患い、1年間学校に通えない状態だったそうです。

その時の病名が『ギランバレー症候群』です。

急性・多発性の根神経炎の一つで、主に筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入らなくなる病気である。重症の場合、中枢神経障害性[要出典]の呼吸不全を来し、この場合には一時的に気管切開や人工呼吸器を要するが、予後はそれほど悪くない。
引用 https://ja.wikipedia.org/

過去に女優の『釈由美子』さんやサッカー選手の『佐藤寿人』さんも発病しています。

約90%の人が回復し元の生活が可能な病気だそうですが、一部では死亡例も出ており、国指定の難病とされています。

現在芳根京子さんはすでに完治しており、女優として活躍していますが、過去の難病を乗り越えて今頑張っているんですね!

高校はどこ?大学は?

芳根京子さんの出身高校について調べてみました!

高校は『東海大望星高校』というところで、通信制の学校です。

インターネットで講義を受講して、スクーリングやレポート提出を行うことで卒業単位を取得できるシステムになっています。

<出典 http://geinoutime.com/>

当初芳根京子さんは都立学校に2年生の頃まで在籍していたのですが、芸能活動が忙しくなり、途中で転校しています。

17歳の頃に朝ドラヒロインとして活躍していたので、学業との両立が難しかったんでしょうね。

そして気になる大学進学ですが、現在進学はしておらず、芸能の道に進んでいます。

過去に芳根京子さんは自身のブログで『料理の専門学校』に行きたいといった内容を話していましたが、進学はしていないそうです。

二度目の朝ドラヒロインにも抜擢されているので、やはり大学や専門学校との両立は難しいですよね。

ですが、料理の学校に行きたいと言っていたので、料理の腕前は気になりますね!

まとめ

過去のCMどれを見ても本当に可愛いですよね!

さわやかさと笑顔がとっても魅力的な女優さんであることは間違いなしです。

過去の難病を克服して今は完治しているそうなので安心しました!

来年から始まるドラマ『海月姫』での主演を楽しみに活躍にますます期待です!


スポンサードリンク



スポンサードリンク


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.